ダイエット

MENU

辛いだけのダイエットとはおさらば!「ダイエット休業日」で無理なく成功へ

肥後すっぽんもろみ酢販売店

ダイエットに挑戦しているとき、うっかり食べ過ぎてしまったり決めていた運動を忘れてしまい罪悪感や嫌悪感を感じてしまったことはありませんか。
早く痩せたいがために一つの失敗をすごく気にしてしまい、自分はダメな人間だと落ち込んでしまう人もいるそうです。

 

 

それというのも、ダイエットをしているときは食事制限や運動などにより、普段の生活とは違う「我慢」という感情を常に抱いている状況になるため、当然精神的にも変化が起こります。
人によってはイライラしてしまったり落ち着かなくなってしまうなど、私生活にも影響してしまうこともあります。そうすると折角続いていたダイエットもうまくいかなくなり、結局はダイエットをやめてしまうということにもなりかねません。

 

 

ダイエットの失敗を回避するには「ダイエット休業日」という設定を作り、」意識すると良いでしょう。では「ダイエット休業日」とはどういうことでしょうか?
たとえば、どうしても断れない食事会や飲み会などがあると思います。そういった場合、その日はダイエットのことを一旦忘れて楽しみましょう。飲食に関しても「ダイエット中だから」と控えるのではなく、食べたいものを食べ、飲みたいものを飲みましょう。
ダイエット中なのに!?と思われるかもしれませんが、これが「ダイエット休業日」ということなのです。
普段はダイエット中のため好きなものを我慢したり食べれたとしても少量だったりと気付かないうちに自分自身に負荷をかけてしまっている状況にあります。それらの負荷を軽減するためにもダイエット休業日というものを作ることが肝心なのです。同じく運動をし忘れてしまった日もダイエット休業日ということにして、マッサージをしたりアロマでリラックスをしたりとその日はゆっくりと心身を休める日にしましょう。

 

 

「食べ過ぎてしまった」「運動を忘れたから太ってしまう」とネガティブになるのではなく、こうしたダイエット休業日を設定することにより、気持ち的にも余裕ができてダイエットを成功に導きやすくなるのです。

 

ダイエットというのはいかに早く痩せれるかというものではなく、長いスパンで心も体も整えるものだと思います。無理なダイエットは体調を崩したりリバウンドの原因になりますので決して行わないよう注意が必要です。
辛過ぎてダイエットが苦しくなる前に「ダイエット休業日」を設けてみてはいかがでしょうか。

 


関連ページ

超簡単、おすすめダイエット方法って?
サプリメントも良いけど・・わたしは2つの方法でダイエットに痩せました!一つは、計るだけダイエット、もう一つは、炭水化物を抜くダイエット方法です。